わけねぎとは。

 「わけねぎ」という名前のネギがあります。「ワケギ」ではありません。「わけねぎ」です。

 艸が住んでいるチーバくんの地元ピーナッツの国ではよく作られているネギなのですが、ワケギと混同されがちで、ネットでも、わけねぎとワケギは同んなじだーと書かれていることもあります。
が、別物です。わけねぎを作っている農家さんが言うのだから間違いありません!

 ワケギは漢字で書くと「分葱」ですし、わけねぎは「分け葱」です。これも分かりにくくしていますね。それと、ワケギの方が一般的によく知られていることもあってか、お店で「わけねぎ」を「ワケギ」と称して売っていることが関東ではよくあります。ネギの袋に「わけねぎ」って書いてあるのにわざわざ「ワケギ」っていう札を立ててたり。

wakegi艸が調べたところによりますと、「ワケギ」というのは、分蘖性(ぶんげつせい)のネギと分球性(ぶんきゅうせい)の玉葱の交雑種なんだそうです。うーん、分かりづらい。。。
 分げつ(分けつ?)というのは根元から分かれて増えていくことです。そういう性質のあるネギを分げつ性のネギと言います。おんなじように分球性は球根が分かれて増える性質のことです。この分球性の玉葱というのはいわゆる玉葱ではなくてエシャロットのことです。ワケギは種ができず、分かれた球根で増えていきます。この球根を見るとまさにエシャロットです。なので、ワケギはネギと比べると根元のところがぷくっと膨らんでいます。

wakenegiに対しまして、「わけねぎ」は、完全にネギです。葉ネギの一種で九条ねぎに近い品種です。種もできます。しかーし、わけねぎも分げつして増えるので、種はできるのに分かれて増えたネギを苗ネギとして植えるのがふつーなのです。ワケギのように球根のようなタマはできないので明らかに違うのですが、この事もちょっとややこしくしていますね。

 「ワケギ」と間違えられたり、「ワケギ」として売られたりしている不憫な「わけねぎ」を「わけねぎ」として知ってもらえるように「わけねぎ」の使い方、レシピを紹介していきますよ。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ